2018年 09月 11日 ( 1 )

ストイックにいきたいのです。

今日は暗闇フィットネスの話。

ボクシングからバイクへシフトして、
ふた月ほど経った。
e0096740_23063960.jpg

で、結論。

やっぱり自分に合っているのは、
ボクシングの方だったなーと。

バイクの方も、人気があって興味あったし
下半身を絞るならバイクの方が良いかなって、ちょっと思ったのよね。
でも、ひたすらバイクを漕ぐだけだから、
正直、飽きる。
運動量もさほど多くないから、
物足りない。
鍛えてる感が、全くなくて。

それは予想してたけど。なんやねん。

あとね…
それは、レッスンの雰囲気がね。
笑っちゃって集中できないの、私。

かっこいい音楽を大音量で聴きながら
夢中になってバイクを漕ぎ、大量の汗をかく。
それはね、最高に気持ち良いのよ。マジで。はい。

だけどね…

トレーナーの、
リーブ イット トゥーミー!!
だの、
ユーキャンドゥーイッ!!イェア!!
だの、いちいち、英語で。

それに対しメンバーは一斉に、
イエーイ!!とかフォーッ!!とか返す。

まるでライブハウス。ミラーボール回ってるし。

ボクシングのやつも、
同じようにトレーナーは掛け声を出すけど、
一人一人を励ます感じ。ちょっと違うの。

そんでもって、
ナルシストチックなお兄ちゃんトレーナーは、
かかってる歌を一緒に口ずさむし。
あまりうまくない。
「はぁ、はぁ、はぁ、、、」
荒い息づかいを、我々に聞かせるし。
そこで変なエロを出すのはやめてくれ。

マジ、笑っちゃうのよ、あたし。
超〜タイプのイケメントレーナーでもいれば話は別。

そもそもさ、
回りの目を気にせず、エクササイズに集中できるのが「暗闇」フィットネスの魅力のはず。

いろいろおかしくて、集中できまへん。

さらにさらに、
そこが出してる、トレーニングウェア。
メンバーの8割は、それを着ている。

こんな感じで。コワー。
e0096740_23053720.jpg

あたしのウェアはGU。
e0096740_23570905.jpg

へー、なんか楽しそうじゃん。て、
普通は思えるのかもしれない。

私が穿った見方をしてるだけかな。

とにかく、ダメなものはダメなんですわ。

っていう、お話でした。ちゃんちゃん。


by hoyko | 2018-09-11 22:54 | えくささいず | Comments(0)